フルートの吹き方を研究していこうと思います

趣味でフルートを始めて、もう5年が過ぎました。だいぶフルートもフルートらしい音にはなってきましたが、相変わらずフルート吹き方は安定せず、悩んでいる日々を送っています。いつまでも同じことをしていてもしょうがないし、もう少し客観的に自分のフルートの練習方法などを研究してみようと思って、このブログを書き始めてみました。特に、フルート教室の先生に言われていることを中心に書いていけば、レッスンの復習も出来るからいいかなと思っています。最近注意されるのは、フルートを吹くときに息の量が少ないということです。どうも、私の吹き方だと息をあまり使わずに口元でしめて音を出しているようです。そのせいで音量があまり出なくて音自体もしっかりしてこないとのこと。たしかに、発表会の時の動画を観てみると、かなり口に力の入った吹き方をしている感じになっています。だから、まずはフルートを吹くときに息の量をもう少し多めにして吹いてみようと思います。そうすれば、今よりはフルートの音が太くしっかりした音になっていくのでしょうか。そのあたりに気をつけながら、明日からのフルートの練習の中で研究をしていこうと思っています。