フルートの音がこもる時の原因など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんばんは、浜松市の小林聡フルート教室です。

今回は、フルートの音がこもる場合の原因などを書いていこうと思います。

 

レッスンをしていても、フルートの音がこもる感じがして悩んでいる方がいます。

音がこもる方を観察していると、

・フルートを内側に向けすぎている
・息を下に吹き込みすぎている
・下を向いて吹いている

このあたりが原因になっている方が多いです。

どうしても、自信がなかったり、音が出るか不安だったりすると、上に書いたような吹き方をしてしまうので、そのせいで音がこもってしまったりするんですね。

この場合は、

・少しフルートを外側に向けて吹いてみる
・少し息を前に出すイメージで音を出してみる
・前を向いて音を出してみる

などを試してみると、音の印象が変わってくるかもしれませんよ。

この時に注意したいのは、

吹き方を変えるのは少しずつにする

ことです。

よくやってしまうのは、吹き方をいきなり大きく変えてしまうこと。

例えば、急にすごく外側に向けて吹くと、今度は息の音ばかりになったり、とても抜けたような音になったりしてしまいます。

少しずつ吹き方を変えていくことで、音がこもらずによく鳴るポイントを探していくことができますからね。

音がこもって悩んでいる方は、上に書いたようなことを気をつけて自分の音をよく聴きながら、少しずつフルートの吹き方を変えてみてください。


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。