フルートの音がひっくり返る時の原因など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんばんは、浜松市の小林聡フルート教室です。

今回は、音がひっくり返る時の原因などについて書いていこうと思います。

 

フルートを吹いていると、高い音にひっくり返ってしまうことがあります。

特に、低音域の音を吹いている時に、ひっくり返りやすいですよね。

この場合、よくあるのは、

・フルートを内側に向けている
・強く吹きすぎている

この2つでしょうか。

特に、「フルートを内側に向けている」ことが原因になって、音がひっくり返ってしまう方が多い感じです。

フルートを内側に向けると、息が当たるエッジの部分が口の穴に近くなります。

そうすると、口の穴に近いところは息のスピードもかなり速いので、それほど強く吹いていないつもりでも音がひっくり返ってしまいます。

この場合、少しフルートを外側に向けると、音がひっくり返らなくなるようになっていくケースが多いです。

それほど強く吹いていないのに音がひっくり返ってしまって悩んでいる方は、フルートの角度を気にすると今よりも良くなるかもしれないので、ぜひ試してみてくださいね。


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。