フルートの音が震える時の原因など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんばんは、浜松市の小林聡フルート教室です。

今回は、フルートの音が震える時の原因などについて書いていこうと思います。

 

フルートを吹いていると、勝手に音が震えることがあります。

大きく音が揺れているのであれば、息が安定しないとか、伸ばしている間に口がもぞもぞと動いていたりすることが原因になっていたりしますが、問題は細かく震える時です。

音が細かく震える原因は個人個人によってかなり違うので難しい部分ではありますが、最近レッスンでは、

・息を前に出そうとしすぎる

これが原因で音が震えてしまっていた生徒さんがいらっしゃいました。

息を前に出そうとしすぎるとどうなるかというと、

息を前に出そうとしすぎる
  ↓
上唇の裏に息がかなり当たる
  ↓
上唇が耐えられなくて細かく震える
  ↓
音が細かく震える

レッスンをしていた生徒さんは、この状態になっていました。

この場合は、息の方向を前ではなく、エッジ(息のあたる場所)に息を当てるイメージで息を出してもらったら、息の方向が少し下を向いて上唇の裏に当たる息の量が軽減されたみたいで、ずいぶん音の震えはなくなっていましたよ。

もちろん、これ以外のことが原因になって、音が震えている場合もたくさんありますので、こうして文章だけでお伝えするのは難しいところではありますが・・・。

ただ、こうして他の方がどういう原因で音が震えていたのかを知ることで、自分が同じことが原因で震えているのかそうでないのかの判断の参考にはなるかなと思っています。

もし、フルートを吹いていると音が震えてしまって悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。