フルートの音がまっすぐ伸びない時に気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、浜松市の小林聡フルート教室です。

今回は、フルートを吹いていて音がまっすぐ伸びない時に気をつけたいことについて書いていこうと思います。

 

フルートを吹いていると、音がまっすぐに伸びずに揺れてしまうことがあります。

というよりも、実は音を揺れないようにまっすぐ伸ばすというのはとても難しいので、大体音は揺れてしまいます。

それを練習するのが、ロングトーンのように音を伸ばす練習になります。

音がまっすぐ伸ばせずに揺れてしまう原因としては、例えば、

・吹いている時に息を変えてしまっている
・音を伸ばしながら口を動かしてしまっている
・伸ばしながらフルートの向きを変えてしまう

など、音を伸ばしている間に何かを動かしてしまうことで、音はまっすぐ伸びずに揺れてしまいます。

なので、まずは自分の吹き方をよく観察をしながら、自分は音を伸ばしている間にどこを変えてしまっているのかを探していきます。

観察するポイントは、まずは上に書いたあたり、

・息の強さが変わっていないか
・口を動かしていないか
・フルートの向きを変えていないか

このあたりを気にしながら、ロングトーンの練習をしていきます。

もちろん、伸ばしている音がまっすぐ伸ばせているか、音が揺れていないかをよく聴くことも忘れないでくださいね。

そうやって練習をしていくと、音を伸ばしている間に自分がどこを変えてしまっているのか、その「癖」に気づけるようになってきます。

自分の癖に気が付くと意識がそこにいくようになってくるので、まずは上に書いたようなことを気にしながら練習をしてみてくださいね。


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。