フルートの音が硬い時のチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、浜松市の小林聡フルート教室です。

今回は、フルートの音が硬い時のチェックポイントについて書いていこうと思います。

 

フルートの音が硬いというのは人によって感覚が違うので難しいところですが、自分で硬いと自覚している場合は少し柔らかい音でフルートを吹きたいと思っている時だと思います。

フルートの音が硬いと感じる時は、吹き方としては、

・口に力を入れすぎている
・フルートを内側に向けすぎている

このあたりが原因になっていることが多いです。

口に力を入れすぎている場合、口の力を少し抜いてあげると音色が柔らかくなります。

でも、口の力を抜きすぎると音にならなくなったり、かえって音が悪くなったりしてしまうんですね。

何でも適度が大切なので、自分の音をよく聴きながら、音の硬さが柔らかくなっているか、口の力を抜きすぎていないかをチェックしながら練習をしてみてください。

 

フルートを内側に向けすぎてしまうと、音色が硬くなったり、暗くなったり、音程が低くなったり、色々な症状が出てきます。

もちろん、外側に向けすぎると今度は音が抜けたようになってしまったり、息の音ばかりになってしまったりするので注意が必要です。

なので、ロングトーンの練習をしながら、フルートを少しずつゆっくりと外側に向けたり内側に向けたりしてみてください。

その時に、自分の音をよく聴きながら、自分が思っているような硬さ(柔らかさ)の音色が出る向きを探していきます。

他の記事でも書きましたが、急にフルートの向きを変えるとちょうどいい場所が見つからなくて、結局調子が悪くなってしまうことがよくあります。

なので、まずはゆっくりとフルートの角度(向き)を動かしながら、音の硬さが柔らかくなる向きを探してみてくださいね。


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。