フルートの音が出ない時の原因など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、浜松市の小林聡フルート教室です。

今回は、フルートの音が出ない時の原因などについて書いていこうと思います。

 

フルートの音が出ない時の原因というのは色々とあるので、個人個人によって原因が変わってきます。

例えば、まったく音が出ない時というのは、フルートを吹く時に息がエッジ(息の当たる場所)から外れてしまっている場合があります。

これも人によって外れ方が違うのですが、大きく分けると、

・息がエッジよりも上に外れてしまっていて音が出ない
・息がエッジよりも下に外れてしまって音が出ない

という2パターンがあります。

息がエッジよりも上に外れてしまっていて音が出ない場合は、息を前に出そうとしすぎたり、大きな音を出そうと一生懸命に吹こうとすると、その状態になることがあります。

この場合、エッジは口の穴よりも斜め下にあるので、エッジに息を当てるつもりで少し斜め下に息を出してみると音が出始めることがあります。

逆に、息が下に外れてしまって音が出ない場合は、

・息をフルートの中に吹き込みすぎている
・下唇を内側に巻いてしまっている

このあたりが原因になっていることが多いです。

息をフルートの中に吹き込みすぎている場合は、息を少し前に出すつもりで息を吐くとエッジに息が当たるようになって音が出始めます。

下唇を内側に巻いてしまう場合は、まずは音を出す時に下唇がどう動いているのかを観察することから始めます。

下唇は、動いていてもあまり気が付かないポイントなので、ロングトーンをしながら自分の下唇がどう動いているのかをまず観察するようにしてください。

下唇が動いていることが分かったら、あとは下唇を動かさないように意識しながら練習していくことで、時間はかかりますが徐々に改善していきます。

音が出ない時に大切なことは、

1、なぜ音が出ないのか、その原因を観察すること
2、原因が分かったら、そこを意識して練習すること

この2つです。

まずは、ロングトーンの練習をしながら自分の吹き方の癖を探していくようにしてみてくださいね。


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。