フルートの音が下の音に下がる原因と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、浜松市の小林聡フルート教室です。

今回は、フルートの音が下の音に下がる原因や注意点を書いていきたいと思います。

 

フルートの音が下の音に下がる、つまり低い音に下がってしまう原因として多いのは、

・息が弱い
・フルートを内側に向けている
・口を動かしてしまっている

このあたりが多いでしょうか。

 

フルートは、音が高くなるほど息の勢いが必要になります。

高い音になった時に息の勢いが弱いと、どうしても低い音に下がってしまいます。

この場合、今までよりも少し息を勢いよく吐いてあげることで音が下がらないようになります。

 

フルートを内側に向けてしまうのは、特に出しにくい音を出そうとした場合によくなります。

フルートを内側に向けることで、エッジ(息があたる場所)に息がうまく当たらなくなるので、音が低い音に下がってしまうことがあります。

この場合、低い音に下がってしまう音を吹く時に、自分でフルートの角度を変えていないか、まずは観察するところから始めます。

そして、もしフルートの角度を動かしてしまっているようなら、角度を動かさずに吹けるように意識して練習していくことで、低い音に下がらずに吹けるようになっていきます。

 

あとは、口を良い音が出る状態から変えてしまって音が下がってしまうパターン。

この場合、人によって口の動きは違いますが、生徒さんを見ていると、

・口を中央に寄せてしまう
・口を横に引いてしまう
・上唇と下唇の両方を内側に巻いてしまう
・下唇だけ内側に巻いてしまう

このあたりの動きが多いかなと思います。

口を動かしている場合は無意識に動かしていることが多いので、まずは自分が口を動かしていることに気づくために、下に下がる音の時の口の状態をよく観察するようにします。

無意識で動かしている場合は、自分で動かしていることに気が付かないと直せないですからね。

口を動かしていることに気が付いたら、今度は練習の中で常に意識をしながら練習をしていきます。

そうすることで、口を動かすことが気になっていくので、自然に口を安定させて吹けるようになっていきますからね。

フルートの音が下の音に下がる原因は、これ以外にも色々とあります。

まずはここに書いてあることが当てはまるかどうか意識しながら練習をしてみてください。

当てはまらなければ他の原因を探してみる、という形でやってみてくださいね。


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。