フルート初心者が上達するために気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、浜松市の小林聡フルート教室です。

今回は、フルート初心者の方が上達するために気をつけたいことについて書いていこうと思います。

 

フルートを始めたばかりの初心者の方の場合、フルートの組み立て方や音の出し方など、とにかく何もかもが分からない状態だと思います。

本当は初心者の頃はフルート教室に通うなどして、基本的な部分を最初にしっかりと教えてもらっておくとそのあとわりとスムーズにフルートが吹けるようになります。

でも、地域的なことだったり、お仕事や色々が忙しくてなかなかフルート教室に通えない方も多いと思います。

その場合は、フルートの教則本を使って練習していくことがおすすめです。

実際に教室で使っている教則本は、トリム楽譜出版から出ている堀井恵さんの「フルート教則本」を使ってレッスンをしています。

この教本は、

・指使いが載っている運指表が見やすい
・音域が少しずつ広くなるので指使いが覚えやすい
・音域が少しずつ広くなるので無理なく音が出せるようになる

などの理由で、ずっと初心者の方のレッスンで使っています。

フルート初心者の方が独学でこの教則本を使う時に、意識しておいてことがあります。

それは、

教則本の最初のあたりに書いてある説明をしっかり読む

ということです。

大体どの教則本もそうですが、教則本の最初の方にはフルートの組み立て方からフルートの持ち方、構え方、音の出し方など、フルートを演奏するために必要な基本的なことが丁寧に書いてあります。

その部分の説明をしっかりと読んで基本的なことをしっかりしてから練習するのと、何も読まずにただ練習するのでは、やはり上達のスピードがまったく変わってきます。

なぜ基本的な説明が教則本の最初のあたりに書いてあるのか?

それは、

フルートを演奏するうえで重要なことだから最初に書いてある

ということなんですね。

フルートを始めたばかりの初心者の方は、どうしても楽譜の部分だけを見て音を出すことだけに意識がいってしまいがちです。

でも、フルートは、姿勢や持ち方、息の出し方など基本的なところができていないと、音はあまり出てきません。

練習の目的は、教則本をどんどん進めることではなく、フルートが上手に吹けるようになること、だと思います。

フルート初心者の方は、まずは教則本の最初に書いてある説明を読んで、基本的なことをしっかりと理解・実践してから教則本を進めてみてください。

その一手間を加えるだけで、フルートの練習はだいぶスムーズになると思いますよ。


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。