フルートの音が揺れる時に確認するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、浜松市の小林聡フルート教室です。

今回は、フルートの音が揺れる時に確認するポイントについて書いていこうと思います。

 

フルートの「音が揺れる」というのは、

・音の強弱の揺れ
・音程の揺れ

このどちらかが気になって「音の揺れ」として感じていることが多いです。

 

音の強弱の揺れの場合は、音を伸ばしている中で息の強さが変わってしまっています。

この場合は、ロングトーンの練習をしながら、息をずっと同じ強さで伸ばすことを意識していくと徐々に改善していきます。

音程の揺れの場合は、フルートの角度が変わっていないかを確認していきます。

フルートを吹いていると、無意識にフルートの角度(向き)を自分側に向けたり外側に向けたりしていることが多いです。

そうすると、フルートの音程は、

・フルートを外側に向ける→音程が高くなる
・フルートを内側に向ける→音程が下がる

このように変わります。

1つの音を伸ばしている時に、無意識で細かくフルートの角度を変えてしまっていると細かく音程も変わるので、音が揺れているように感じるんですね。

ではどうしたらいいのかというと、まずは自分が音を伸ばしている間にフルートの角度を変えていないかどうかを確認しながら練習するようにします。

フルートの角度は、動いていても気が付きにくいところです。

なので、まずは自分がフルートの角度を動かしていないか、変えていないかを注意深く確認をしながら練習をしていきます。

動いていることが確認できたら、今度はその部分でフルートの角度が変わらないように意識して練習をしていくようにしてくださいね。

 


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。