低い音から高い音に上がるときにひっくり返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、浜松市の小林聡フルート教室です。

この記事はレッスンを受けている中高生からLINEで連絡がきた質問への返信用記事です。

なので、質問してきた本人でないと分かりにくい部分もあるかもしれませんが、参考になる部分があれば参考にしてくださいね。

 

Q、低い音から高い音に上がるときにひっくり返ります

A、
LINEでの質問では「裏返らない」って書いてあったけど、多分上の音に上がろうとしたらそれよりも高い音になってしまう、ということかな?

今回は、音がもっと高い音まで上がってしまっているんだろうと思って、その内容で書いていくね。

もし違ったら、また連絡をください^^;

低い音から高い音に上がろうとしてそれよりも高い音に上がってしまう場合、

・強く吹きすぎ
・口に力を入れすぎ
・フルートを内側に向けてしまっている

このどれかが原因になっている感じかな。

ただ、レッスンの中で見ている感じだと、強く吹きすぎていたり口に無理に力を入れて吹いているわけではないので、最後の「フルートを内側に向けてしまっている」というのが、今の状況だと思います。

フルートは、口元に近いほど息のスピードは速くなってるんだよね。

フルートを内側に向けると、息の当たる場所(エッジ)の部分が息のスピードが速い場所に入り込むから、そのせいで高い音に上がりやすくなってしまうんだな。

この場合、注意しておきたいのは、

・高い音に上がる時にフルートの角度を内側に向けない
・高い音に上がる時に下を向かない

この2つ。

フルートを内側に向けないというのはそのままなんだけど、フルートを吹いている時に下を向いてしまうと、自然にフルートは内側を向いてしまうんだよね。

そうなると、フルートの角度を動かしていないつもりでも勝手にフルートが内側を向くから、フルートを内側に向けた時と同じ状態になってしまいます。

その状態だと息のスピードのコントロールが難しくなるので、出そうと思っている音よりも高い音に上がりやすくなってしまうんだよね。

なので、練習の中では、

・フルートの角度が内側を向いていないかどうか

それと、

・高い音に上がる時に下を向いていないか

この2つを意識して練習してみてくださいね。


⇒最新記事一覧へ戻る

フルートブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。